『薬剤師のための英語論文を読む会・サイカケル8』及び『薬剤師のための基礎統計学講座』

7月23日、浦和にて開催された『薬剤師のための英語論文を読む会・サイカケル8』及び『薬剤師のための基礎統計学講座』に参加させていただきました。)

『薬剤師のための基礎統計学講座』は3回コースで、今回がその3回目。最終回の今回は『検定』についてお話をいただきました。

タイトルに『薬剤師のための』とついている通り、井上先生には3回の講義を通じて常に現場に役立つものをという視点からお話しいただいたと思います。添付文書を読むにあたっての注意事項や、有意差と薬の有効性に関連はあるのか等、統計を身近に感じられるような切り口をたくさん用意していただき、大変有意義な講座でした。井上先生、ありがとうございます。

『統計学講座』については、今回は基礎の基礎ということで、希望があれば応用編も開催していただけるそうです。また、日高、熊谷では同じ基礎編が現在も開催中ですので、ピンときた方は是非ご参加ください。

また、『サイカケル』では、上記の統計学講座の流れを汲みながら、リンゼス錠0.25mgの論文を取り上げていただきました。文献としても大変勉強になったのですが、今回それ以上に面白かったのが、その論文上で薬剤の有効性を確認するために設けられた質問事項。「便秘が改善したか?」を判断するために、便の堅さだけでなく、頻度、スッキリ感の変化や「いきみがなくなったか」ということまで。我々が便秘の方のお話を聞くときにも、これだけの確認方法があるのだと学ばせていただきました。早速、今後の業務に生かしていきたいと思います。

『サイカケル』も、引き続き月に1回のペースで開催される予定です。また、今後理学療法士のリハビリ指導、栄養士の食事指導等も併せて行われる計画がありますので、こちらも是非奮ってご参加ください。

青年部会員 藤野智子(やわらぎ薬局)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中