「薬剤師のための論文の読み方を学ぶ会 サイカケル3」 活動報告

平成29年1月17日(火) 19:30~21:00
場所:レンタルスペースホーリィ浦和

saikakeru

Variations in Pill Appearance of Antiepileptic Drugs and the Risk of Nonadherence.

今回のサイカケルでは、2013年にハーバード大学の研究グループが発表した「患者さんの服薬心理」に関する論文を扱いました。
ジェネリック医薬品は先発と生物学的同等性はありますが、色と形は一致していないので、患者さんを混乱させ、アドヒアランス低下を招くかもしれません。
2002.1~2006.12における抗てんかん薬の調査で、投与された薬は37の色と、4の形がありました。
結論としては特に薬の色が変わるとノンアドヒアランスがかなり増えることがわかりました。これはとても重要なことと考えられます。
ジェネリックの外観の自由な変化を許可する現在の行政政策を考え直すべきではないかとも述べています。私たちがジェネリックに変更する時は、新たな配慮が必要かもしれません。

JAMA Intern Med. 2013 ; 173(3): 202-208.
Published online December 31.2012.
doi:10.1001/2013.jamainternmed.997

以下のURLから論文の全文を読めます。
http://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/1487287

Exclusive breastfeeding duration and infant infection.
Eur J Clin Nutr. 2016 Dec;70(12):1420-1427.doi: 10.1038/ejcn.2016.135.Epub 2016 Jul27.

母乳にはIgAが含まれていて、母乳育児がいいことは知っていますが、ではいつまで飲ませたらよいのでしょうか。
6か月までに母乳育児をやめると、胸部の感染症は19% のリスク上昇、下痢は66%のリスク上昇という結果でした。母乳育児は6か月までは続けたほうがよい(離乳食との併用可)と、具体的なアドバイスができるでしょう。

Nicotinamide benefits both mother and pups in two contrasting mouse models of preeclampsia.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2016 Nov 22;113(47):13450-13455.Epub 2016 Nov 7.

ニコチン酸アミド(ビタミンB3)が血圧を下げ、腎臓の血管内皮障害を改善し、妊娠高血圧腎症に効果があることがわかりました。(モデルマウスでの解析)
今後、ヒトへ応用されていくかもしれません。

報告者 埼玉県薬剤師会青年部 星知子

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中